大山|2千年の歴史を誇る信仰の山。その見所とルートをわかりやすく解説します

箱根・丹沢の山

1. 大山の見どころ

1.1 大山阿夫利神社~2千年の歴史~

大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)は、二千年以上前に創建されたと言われている神社で、江戸時代には年間数十万人が「大山詣り」に訪れたと言われています。

山腹には下社が、山頂には本社があり、ロープウェイの終着点を降りてすぐにある下社からの眺望は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにて二つ星で紹介されたほどです。

さらに下社周辺にはお茶屋さんが並んでいる一角があり、大山名物の大山とうふの他、醤油ラーメン・ソフトクリームなどのグルメを楽しむことができます。

1.2 “こま参道“

神奈中バス「大山ケーブル駅」と大山ケーブルカーの発車駅の間にあるのが”こま参道”で、たくさんの土産物店、豆腐屋さんなどが軒を連ねていて、大山名物の土産物を探すことができます。

2. 多彩な3つのルートを紹介!

①<ケーブルカー>山頂~見晴台 往復コース 当サイトおすすめ!
②山頂~見晴台 往復コース   ケーブルカーを使わない王道コース!
③ヤビツ峠~山頂~見晴台コース    ヤビツ峠から登るルート

2.1 <ケーブルカーで登る!>山頂~見晴台 往復コース

大山ケーブル駅ー(ケーブルカー6分)ー阿夫利神社駅

阿夫利神社下社ー(40分)ー16丁目ー(55分)ー大山-(1時間5分)-見晴台ー(30分)ー阿夫利神社下社 [行程3時間10分]

阿夫利神社駅ー(ケーブルカー6分)ー大山ケーブル駅

大山ケーブルバス停からこま参道の中を15分ほど石段を登っていくと、ケーブルカーの出発駅である大山ケーブル駅に到着します。窓口で乗車券を買ってから乗りましょう。

運賃は大人が片道640円、往復1120円で、子供はどちらも半額で乗ることができます。最新の運行状況などは以下のホームページから確認してください。
(大山観光電鉄ホームページ:https://www.ooyama-cable.co.jp/)

2015年から新型車両が走行していて、大きな窓から外の景色を楽しむことができます。

6分ほどであっという間に中腹にある阿夫利神社駅に到着します。お手洗いは駅を出て少し下がったところにあるので、必要な場合はここで利用しておきましょう。

ケーブルカーの駅を出て、すぐにある写真の石段を登っていくと、記事の最初で紹介した阿夫利神社下社です。

神社にお参りを済ませたら、拝殿から左の進んだところにある石段から登山道が始まります。

大山の登山道には、阿夫利神社下社を1丁目、大山山頂を28丁目とした標識があるので、その表示からどれくらい登ったのかを判断することができます。

20丁目には、天気が良ければ富士山を望むことができる富士見台があり、25丁目でヤビツ峠からの道と合流します。

27丁目にある鳥居が見えてくると山頂は目前で、すぐに28丁目の大山山頂に到着することができます。

山頂にはベンチなどが多く準備されているので、天気が良ければ、模湾や東京都心部などの絶景をゆっくり楽しむことができます。

山頂通過後は、見晴台方面に下りていきます。出発してしばらくは前方に景色を楽しみながら歩くことができ、1時間ほど歩くと見晴台に到着です。

見晴台にもベンチとテーブルが10個セットほど設置されているので、山頂ではなく見晴台で昼食をとる人も多いです。

見晴台から下社へ戻るまでの道は急斜面のトラバース道ですが、きれいに整備されているので、楽に歩いていくことができます。

2.2 山頂~見晴台 往復コース

大山ケーブルバス停ー(15分)ー大山ケーブル駅ー(40分)ー阿夫利神社駅阿夫利神社下社ー(40分)ー16丁目ー(55分)ー大山-(1時間5分)-見晴台ー(30分)ー阿夫利神社下社ー(35分)ー大山ケーブル駅ー(10分)ー大山ケーブルバス停  [行程4時間50分]

小田急伊勢原駅北口から大山ケーブル行きのバスに乗って終点で下車し、風情あるこま参道の石畳の階段を上っていくと、大山ケーブル駅があり、その横を通り過ぎてすぐに男坂と女坂に分岐します。

女坂の方が10分ほど所要時間が長くなってしまいますが、男坂は写真のようなかなり急な石段が続くので、トレーニング目的の方以外は、比較的ゆるやかでよく整備もされている女坂を通ることをおすすめします。

ケーブルカーの駅周辺まで登ると、茶店が表れ、白い御影石の石段を登っていくと、阿夫利神社下社に到着です。神社にお参りを済ませたら、拝殿から左の進んだところにある石段から登山道が再開します。

大山の登山道には、阿夫利神社下社を1丁目、大山山頂を28丁目とした標識があるので、その表示からどれくらい登ったのかを判断することができます。

20丁目には、天気が良ければ富士山を望むことができる富士見台があり、25丁目でヤビツ峠からの道と合流します。

27丁目にある鳥居が見えてくると山頂は目前で、すぐに28丁目の大山山頂に到着することができます。

山頂にはベンチなどが多く準備されているので、晴れていれば、相模湾や東京都心部などの絶景をゆっくり楽しむことができます。

山頂通過後は、見晴台方面に下りていきます。出発してしばらくは前方に景色を楽しみながら歩くことができ、1時間ほど歩くと見晴台に到着します。

見晴台にもベンチとテーブルが10個セットほど設置されているので、山頂ではなく見晴台で昼食をとるひとも多くみられます。

見晴台から下社へ戻るまでの道は急斜面のトラバース道ですが、きれいに整備されているので、楽に歩いていくことができます。

下社から大山ケーブルバス停までは、行きと同様に女坂を通るのがおすすめです。帰りは途中にある大山寺に立ち寄ってみてもよいでしょう。大山寺の石段は、秋には紅葉スポットとしても人気です。

2.3 ヤビツ峠~山頂~見晴台コース

ヤビツ峠ー(55分)ー1172m分岐ー(15分)ー大山ー(20分)ー1120m分岐ー(45分)ー見晴台ー(30分)ー阿夫利神社下社ー(35分)ー大山ケーブルバス停  [行程3時間20分]

ヤビツ峠から大山山頂へのルートは尾根上にあるので、阿夫利神社からの道よりも登りが緩やかで、体力に自信がない方にもおすすめです。

ヤビツ峠には大山以外の山への登山道も出ているので、休日は多くの人で賑わいます。標識や地図を確認して、大山方面の登山道に進みましょう。

時には写真のような木道を歩きながら1時間ほど歩いていき、阿夫利神社からの登山道と合流したら山頂までもう少しです。コースタイムではヤビツ峠から1時間10分で山頂に到着します。

山頂から見晴台を通り、阿夫利神社下社もしくは大山ケーブルバス停に下山するルートは、前の二つのルートと同じなのでそちらを参考にしてください。

3.大山へのアクセス

3.1 伊勢原駅ー大山ケーブルバス停

乗車時間:25分
運賃:310円

北口のバス停4番乗り場から「伊10系統 大山ケーブル行」に乗車し、終点で下車します。約20分間隔で運行しています。
神奈川中央交通ホームページ「伊勢原駅」

3.2 秦野駅ーヤビツ峠バス停

乗車時間:48分
運賃:470円

北口の4番乗り場から「秦21 蓑毛経由ヤビツ峠行」に乗車し、終点で下車します。休日のあさは4本程出ている他、混雑時には臨時便も出されます。
神奈川中央交通ホームページ「秦野駅」

4. おわりに

ケーブルカーに乗って下社まで行くだけであれば普段の恰好で十分に楽しめます。山頂向かってそれより先に登る場合は登山の装備を準備して、是非この記事も参考にしながら大山の登山に挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました